World Football Challenge

 1977年、ドイツ・ブンデスリーガで日本人初のプロサッカー選手が誕生しました。それから43年、今日まで数多くの選手が海を渡り世界へ活躍の場を求めて羽ばたいてきました。

成功した選手、志半ばで挫折した選手、結果は様々であれ、その挑戦はその人の人生に大きく影響を及ぼしたことでしょう。

21世紀のスポーツは、世界を舞台に戦う人材こそがその競技の発展のために必要な人材であると私たちは考えています。

裏を返せば、今はボーダレス&グローバルな時代であり、目線を常に世界に向け、世界を舞台に戦う経験をした者が勝ち残る時代と考えています。日本という極東の小さな国で、世界の舞台を指を咥えて見ている時代は終わりました。すでに中国や韓国の育成世代の選手はどんどんヨーロッパにチャレンジしています。サッカーにおける選手キャリアで世界にチャレンジできるのは、せいぜい16歳から25歳までです。Jリーグの平均引退年齢は26歳と言われています。ヨーロッパのトップ選手においても「30歳の壁」と言われる程、30歳を超えた選手が契約を勝ち取ることで生き残ることは非常に困難と言われています。

サッカー選手として、この一番大事な時期にどの様な選択をするかによって、あなたのサッカー選手人生だけでなく人生そのものに大きく影響を与えることでしょう。そして挑戦する決断が早ければ早いほど、選手としてより長く世界でプレーができ、より選手としての価値が高くなる可能性があります。​また、その大事な時期に海外チャレンジを決断することは、あなたの人生そのものに多くの選択肢と大きなアドバンテージを与えてくれることでしょう。

私たちは、その様な選手のキャリア構築をサポートしていくことを重要なミッションと捉え、私たち独自のネットワークを用いて世界のトップリーグ、アカデミーへの挑戦をお手伝いいたします。

 

​世界への扉を開けるのはあなた自身です。

さぁ、1日でも早くその大きな一歩を踏み出しましょう!​​